コンテンツの質を下げない、SEO対策に強くなる
医療広告ガイドライン対策。

医療広告ガイドラインとは何か

医療広告ガイドラインについて

『美容医療などの誇大広告がもとで消費者トラブルが発生している』という報告が多くされるようになり、 広告規制の見直しを含む『医療広告ガイドライン』が2018年6月1日よりが施行されました。

その結果、これまで広告扱いがされてこなかったウェブサイトも広告として扱われるようになり、表現やコンテンツに見直しが必要となるなど、多くのウェブサイトが影響を受けると考えられます。

それでは実際にどのようなコンテンツが規制の対象となっているのか具体例を挙げていきます。

医療広告ガイドラインで規制されているもの

  • 雑誌や新聞で紹介された旨の記載
  • 「絶対安全な手術です!」などの表現を使用していないか(虚偽広告)
  • 加工・修正した術前術後の写真等の掲載(虚偽広告)
  • 厚生労働省の認可した○○専門医(虚偽広告)
  • 著名人も当院で治療を受けております(比較優良広告)
  • 病人が回復して元気になる姿のイラストの使用(誇大広告)
  • データ根拠のない○%の満足度などの表記(虚偽広告)
  • 医師数○名(○年○月現在)(誇大広告)
  • 比較的安全な手術です。(誇大広告)

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000209841.pdf
(厚生労働省HPより引用)

ここに挙げたものは一部ですが、これまで当たり前に見かけていたようなコ ンテンツも規制の対象となっています。

またコンテンツだけが対象でなく、「www.gannkieru.ne.jp=ガン消える」のように治癒を明示させるURLやメールも規制の対象となっています。

01

医療広告ガイドラインに
対応しない場合の罰則に関して

医療広告ガイドラインに<br>対応しない場合の罰則に関してのイメージ

医療広告ガイドライン違反の指導及び措置に関して

医療広告ガイドラインの指針に違反した場合、速やかに情報の修正を行う必要があります。

行政指導を受けた後いつまでも修正を行わない場合、違反している内容により「6月以下の懲役又は30万円以下の罰金」もしくは「20万円以下の罰金」を科せられます。 また病院や診療所が悪質な違反広告を行った場合には、罰金に加え、病院開設許可の取り消し処分を科せられる可能性もあります。

監視体制はネットパトロールと一般ユーザーの双方から

規制コンテンツの調査は指定されたネットパトロール機関だけでなく、一般ユーザーからの通報によっても調査されます。一般ユーザーからの通報数も徐々に増えており、一般ユーザーからの通報で検挙されたウェブサイトの数も増えてきています。

02

医療広告ガイドラインの
対象者となるのは

対象者は広告代理店からアフィリエイターまで様々

この医療広告ガイドラインに注意しなくてはならないのは医師や病院等の医療機関だけではありません。

医療に関わるウェブサイトを依頼を受けて制作する広告代理店も対象者となります。 医療広告ガイドラインを知らずに言われるまま制作をしてしまい、後々違反が発覚し指導されてしまうなどのケースも十分に考えられますので、これまでに医療関連のウェブサイトを作成する前に、規制コンテンツが含まれていないか確認をし制作しましょう。

医療関連のウェブサイトを運営し「広告掲載の報酬」を得ているアフィリエータ―も医療広告ガイドラインの対象となります。 また日本国内向けの広告であれば、外国人や海外の事業者等による広告も対象となりますので注意が必要です。

【主な対象者のまとめ】

  • 医師や病院等の医療機関者
  • 医療に関わるウェブサイトを依頼を受けて制作する広告代理店
  • 医療関係のウェブサイトを運営しているアフィリエータ―
  • 日本国内向けの医療広告を作成している外国人や海外の事業者等

次のセクションではどのようにガイドラインに対応させていけば良いのか確認していきます。

03

医療広告ガイドラインに
対応させる方法

削除と限定解除の使い分けでガイドラインに対応させよう

医療広告ガイドラインに対応させるには2つの方法が考えられます。 1つ目の方法はガイドラインに違反している箇所を全て削除する方法です。この方法は比較的短時間かつ簡単に対応することができるので素早くガイドラインに対応させたいという方はこの方法を行うのが良いでしょう。
ただし、あれもこれも削除していってしまうとウェブサイトの情報量が減ってしまい、ユーザーに取って物足りないウェブサイトと評価されてしまうかもしれません。

2つ目の方法は限定解除を行う方法です。限定解除とは一部条件を満たすことで、規制対象のコンテンツでもウェブサイトに掲載できるという制度です。
例えば、良く見かける「術後、術前の写真比較」も元々は規制コンテンツのひとつですが「金額や副作用」など詳細な情報を追加するという条件を満たせば限定解除としてウェブサイトに掲載可能となります。

限定解除を行うことでコンテンツ削除せずに対応させられるので、情報量を保ったままガイドラインに対応させることができますが、規制コンテンツすべてに限定解除があるわけでないので、どの項目に限定解除があるのか、しっかりガイドラインを確認をしましょう。

医療広告ガイドラインに対応させる2つの方法を挙げましたが、どちらが良いというわけではなく、『ユーザーに正しい情報を伝える』ということを第一に考え、ガイドラインに対応させていきましょう。

04

医療広告ガイドラインに関してのご相談など、お気軽にお問い合わせください

医療広告ガイドラインと
SEOの関連性について

Googleはコンテンツ内容に正確性を求める傾向に

2016年に医療系の情報を扱ったサイト運営会社がGoogle検索の表示順位を上げるため、多くの医療に関する不正確なブログ記事を作成し、その結果ユーザーが正確な情報を検索できなくなるといった重大な問題が起こりました。
Google側もこのことを重大な問題として捉え、とくに医療分野においては情報の正確性を重視し、そういったウェブサイトを優先的に検索結果の上位に表示するようになったといわれています。

それでは正しい情報とはどのような情報なのでしょうか。ひとつの基準として、「医療広告ガイドライン」に沿った内容のウェブサイトであるということが考えられそうです。 つまり、医療広告ガイドラインに対応させると言うことは、Googleの求める情報の正確性にも当てはまり、検索の表示順位を上げる視点から考えても効果の高い施策と言えるのではないでしょうか。

コンテンツの削除は集客減少の問題の危険性も

検索の表示順位の点で言えばもう一つ重要なことがあります。 それはGoogleが「コンテンツの質や量」を重視しているということです。

さきほど医療広告ガイドラインの対応のところで「違反している箇所を削除する」と述べましたが、この方法で対応させてしまうと「コンテンツの質や量」という点から見るとGoogleからの評価が下がってしまう可能性があります。
その結果、検索の表示順位が下がり、集客効果という面でもマイナスになり、ユーザーを獲得できなくなるといった問題が起こると考えられます。

それでは医療広告ガイドラインに対応させ、検索の表示順位を下げないようにするにはどうしたら良いでしょうか。次のセクションで説明していきます。

05

集客数を下げずに行う
医療広告ガイドライン対応

まずは限定解除を第一に考え、削除したものは代わりのコンテンツで補う

【集客数を下げない医療広告ガイドライン対応手順】

  1. 限定解除が行えないか調査する
  2. 限定解除が行えない場合は該当箇所を削除する。
  3. 削除したコンテンツが重要なランディングページ(ユーザーが最初に 到達するページ)となっている場合、検索ワード調査しその検索ワード をもとに代わりのコンテンツを作成することにより、集客数を減らさない。
  4. 重要なランディングページでない場合もウェブサイト全体のコンテンツの 質や量を保つため新規のコンテンツを作成する

この一連の方法が集客数を下げずにガイドラインに対応させるのに良い方法なのではないでしょうか。しかし検索ワードの調査や強い集客効果を発揮しているページはどれなのか、また新規コンテンツの作成など専門的知識が必要となります。
私たちフォレストでは、SEO対策歴15年以上のエンジニアの指示のもと、医療コンテンツ作成経験豊富な社内ライターが対応いたしますので、質の高 いコンテンツの作成を行えます。まずはお気軽にご相談ください。

06

医療広告ガイドラインに関してのご相談など、お気軽にお問い合わせください

医療広告ガイドラインと
SEOの関連性について

Googleはコンテンツ内容に正確性を求める傾向に

2016年に医療系の情報を扱ったサイト運営会社がGoogle検索の表示順位を上げるため、多くの医療に関する不正確なブログ記事を作成し、その結果ユーザーが正確な情報を検索できなくなるといった重大な問題が起こりました。
Google側もこのことを重大な問題として捉え、とくに医療分野においては情報の正確性を重視し、そういったウェブサイトを優先的に検索結果の上位に表示するようになったといわれています。

それでは正しい情報とはどのような情報なのでしょうか。ひとつの基準として、「医療広告ガイドライン」に沿った内容のウェブサイトであるということが考えられそうです。 つまり、医療広告ガイドラインに対応させると言うことは、Googleの求める情報の正確性にも当てはまり、検索の表示順位を上げる視点から考えても効果の高い施策と言えるのではないでしょうか。

コンテンツの削除は集客減少の問題の危険性も

検索の表示順位の点で言えばもう一つ重要なことがあります。 それはGoogleが「コンテンツの質や量」を重視しているということです。

さきほど医療広告ガイドラインの対応のところで「違反している箇所を削除する」と述べましたが、この方法で対応させてしまうと「コンテンツの質や量」という点から見るとGoogleからの評価が下がってしまう可能性があります。
その結果、検索の表示順位が下がり、集客効果という面でもマイナスになり、ユーザーを獲得できなくなるといった問題が起こると考えられます。

それでは医療広告ガイドラインに対応させ、検索の表示順位を下げないようにするにはどうしたら良いでしょうか。次のセクションで説明していきます。

05

集客数を下げずに行う
医療広告ガイドライン対応

まずは限定解除を第一に考え、削除したものは代わりのコンテンツで補う

【集客数を下げない医療広告ガイドライン対応手順】

  1. 限定解除が行えないか調査する
  2. 限定解除が行えない場合は該当箇所を削除する。
  3. 削除したコンテンツが重要なランディングページ(ユーザーが最初に 到達するページ)となっている場合、検索ワード調査しその検索ワード をもとに代わりのコンテンツを作成することにより、集客数を減らさない。
  4. 重要なランディングページでない場合もウェブサイト全体のコンテンツの 質や量を保つため新規のコンテンツを作成する

この一連の方法が集客数を下げずにガイドラインに対応させるのに良い方法なのではないでしょうか。しかし検索ワードの調査や強い集客効果を発揮しているページはどれなのか、また新規コンテンツの作成など専門的知識が必要となります。
私たちフォレストでは、SEO対策歴15年以上のエンジニアの指示のもと、医療コンテンツ作成経験豊富な社内ライターが対応いたしますので、質の高 いコンテンツの作成を行えます。まずはお気軽にご相談ください。

06

医療広告ガイドラインに関してのご相談など、お気軽にお問い合わせください

コンサル&各種施策料金に関して

医療広告ガイドラインコンサルティング

ウェブサイトやLP(ランディングページ)が最新の医療広告ガイドラインに 準拠しているのか調査します。

LP(ランディングページ)(1ページ) 20,000円~
ウェブサイト(複数ページ) 50,000円~

※料金はすべて税抜価格です。

コンテンツ作成料金

WEBページを変更し医療広告ガイドラインに適したコンテンツの作成を 行います。

新規コンテンツ作成 1500文字 20,000円~

※料金はすべて税抜価格です。

07

新規サイト制作料金に関して

病院向けウェブサイト制作プラン

病院向けに医療広告ガイドラインに準拠したウェブサイトの制作を行います。

導入プラン 440,000円~
標準プラン 540,000円~
プレミアプラン 640,000円~
オリジナルプラン 別途見積もり

※料金はすべて税抜価格です。

クリニック向けウェブサイト制作プラン

クリニック向けに医療広告ガイドラインに準拠したウェブサイトの制作を行います。

クリニックプラン 90,000円~
アドバンスドプラン 340,000円~

※料金はすべて税抜価格です。

08

医療広告ガイドライン対応実績

植毛・自毛植毛 東京アスク井上クリニック

URL:https://asc-cl.jp/

  • 医療広告ガイドライン修正
  • コンテンツ制作

親和クリニック大阪【公式】

URL:https://shinwa-osaka.jp/

  • 医療広告ガイドライン修正
  • コンテンツ制作

不妊治療 三軒茶屋ウィメンズクリニック

URL:https://www.sangenjaya-wcl.com/

  • WEBサイト制作
  • 医療広告ガイドライン修正
  • コンテンツ制作
09

サイト運営会社について

医療広告ガイドラインコンサルティングSEO対策フォレスト

ウェブサイトやLP(ランディングページ)が最新の医療広告ガイドラインに 準拠しているのか調査します。

運営会社 株式会社フォレスト
電話 03-3562-7238
FAX 03-3562-7239
営業時間 〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-21第21中央ビル9F
ウェブサイト http://www.forest.la/
10

弊社への各種お問い合わせは
こちらのフォームをご利用ください。

本サイトへのお問い合わせは下記フォームをご利用ください。返事は概ね1週間(5営業日)以内で返信いたします

*が付いている項目は必須入力です。